会社四季報について解説します

株式投資の基本

会社四季報というものをご存知でしょうか?
株の投資をしたことがある方は聞いたことがあると思いますが、それ以外ではなかなか耳にすることがないでしょう。
株には重要な情報ツールとなる会社四季報ですが、いざ見てみるとその内容がわかりにくい、という方もいると思います。

この記事では、会社四季報の概要や、その見方などを解説していきます。

会社四季報とは

会社四季報は、ビジネスや経済関連の書籍を専門としている株式会社東洋経済新報社が四半期ごとに発行している、全上場企業のデータを掲載した情報誌のことです。

四季報に該当する情報誌は、他にも就職四季報や会社四季報未上場会社版などいくつかありますが、株においてただ四季報といわれた場合はこの会社四季報のことを指します。

上場企業の情報だけではなく、REITやETFなどの上場している投資信託についても掲載されています。
同様の情報が掲載されている書籍としては、日経会社情報や株データブックなどもあります。

毎年3月、6月、9月、12月と3の倍数月に刊行されていて、それぞれの会社ごとに業種、社名、事業内容、本社所在地、直近の関連ニュース、業績、前号からの業績修正変化記号、配当、主要株主、役員及び連結会社、財務状況、資本移動、株価、格付け、株価チャート、予想PERや実績PER、高値と安値の平均、PBR、株価指標と、投資に役立つ情報が掲載されているので、銘柄選定の際には会社四季報を読んでから投資する投資家や、全体的に読んで銘柄選定の参考にする投資家は多いのです。

発行されている会社四季報以外にも、インターネット上で同じ内容を読むことができる会社四季報オンラインというものもあります。

また、多くの証券会社では情報ツールの一つとして、会社四季報の情報を提供しています。
株の投資を始めるなら、まずは会社四季報を見てみましょう。

どうやって見ればいいのか?

会社四季報に掲載されている情報の概要については、上記で説明した通りなのですが、実際に目を通してみるとそれをどうやって見たらいいのか分からない、ということも多いでしょう。

会社四季報の見方について解説します。

まず、業種と社名、事業内容などの項目で、その会社が何の会社なのかを確認してみましょう。
有名になっている事業があっても、本来は別の業種の会社だったということもあるので、勘違いしていないか確認しておいた方が良いでしょう。

関連ニュースや業績では、その会社の利益がどこから出ているのか、という点を確認します。
本業で生み出した営業利益と、受取利息や金融収支を加えた経常利益、そして土地の売却で得た利益や減損などの特別損益を加えて税金を引いた当期の純利益が記載されているので、どの項目が増えているのかをチェックしましょう。

ただし、業績欄に「予」と書かれている場合は、発行元の東洋経済新報社が独自に判断したものなので、会社発表予想とは異なるケースもあります。
これは、会社四季報の担当者が取材した上で予想したものです。

この時に重要となるのは、前号と比較して業績予想をどの程度修正したか、という点です。
その点を示しているのが、前号からの業績修正変化記号です。

特に注意してみるべきなのが、30%以上の増額修正となった二重の上向き矢印が付けられている会社です。
配当の実績と予想される実額も、配当の欄に掲載されています。

また、業績欄に“*”が付けられている場合もありますが、これが付いている場合は株式分割などを考慮して1株当たりの利益や配当を修正していることになるので、過去の流れについても確認しておいた方が良いでしょう。

株主や役員の欄も、企業の実質的な所有者や経営を行う人材についてチェックする上で重要となります。
財務状況と格付けの欄では、その会社の安全性を知ることができます。

自己資本比率が高ければ安全性が高いことを示していることになり、キャッシュフローは長期にわたってマイナスとなっているようなら注意する必要があるでしょう。

格付けについては、専門の信用格付け会社が決めているもので、総合的な安全性を示しています。
株の投資では、その効率性についても確認が必要です。

要するに、資金に対してどれだけの利益を生み出せるかを示したものなので、これは財務の中にある指標等の項目で、ROAやROEなどが確認できます。
この2つは、数値が高ければそれだけ効率が良いということを示します。

会社の今後の成長性や将来性を知るには、財務の設備投資や研究開発の項目と合わせて、関連ニュースをチェックしましょう。
設備投資費用や研究開発費用が多い企業は、積極的に事業を展開している可能性が高くなります。
ニュースと合わせることで、その詳しい内容についても分かりやすくなるので、将来的な展望も見えやすくなるでしょう。

実際に株価がどう動いているかをチェックするには、資本移動や株価、株価チャートを見て下さい。
株価は業績だけで決まるのではなく、最終的にはその会社の株を欲しがる人と、売りたい人がどれだけいるのか、そのバランスによって決まります。

資本移動や株価の欄では、その株の高値や安値、出来高が分かるので、それと現在の株価を比較してどの程度の位置にあるのかを判断できます。
また、チャートからは株価の勢いや方向性を判断することができます。

それと株価指標をチェックして、現在の株価が割安な水準か、割高な水準かを確認してください。
PERやPBRについては、低いほど割安と判断できます。

会社四季報では、それぞれの情報をこのように見ることで、色々なことを確認できます。
それぞれの項目を別々に見るのではなく、複数を組み合わせてチェックしていくことが大切なのです。

会社四季報の利点について

株の投資で、企業の情報をチェックするための情報誌は他にもありますが、その中でも特に会社四季報が注目される理由とは何でしょうか?その利点について、解説します。

まず、現在上場している会社は全部で3,500社以上あるのですが、会社四季報はそのすべての会社に対して担当する記者を決めています。

ただ決算発表などの情報をまとめるだけではなく、それぞれの担当する会社には日常的に取材を行い、一見すると四季報には関係のない情報も集めて精査しています。

証券会社のアナリストがカバーできるのがおよそ500社といわれているのに対して、全体をカバーできているという点が大きな利点です。

また、会社四季報では会社の業績2期予想、およびファイナンス予想を行っているのですが、実はこの2期予想をしているのが会社四季報だけなのです。

また、上方修正企業については読者が真っ先に確認するポイントです。
これは会社の予想ではなく、担当記者や編集部の予想に基づいたもので素が、発売日にはその予想に影響を受ける相場となることもあります。

こういった相場の動きをすることを、「四季報相場」ということもあります。

これまでの実績からも人気が高い会社四季報は、実に75%ものシェアを誇っています。
それだけ多くの投資家がこの情報を頼りにしているということなので、それを知らないまま投資をしても他の市場参加者の考えから外れてしまい、負ける可能性が高くなってしまいます。

海外の投資家の中でも参考にしている人が多く、その影響力はかなり大きいのです。

会社四季報というのは、こういう情報ツールです。上手く使いこなして、株の投資の勝ち組を目指しましょう。

投資家の多くが聞いたことのある会社四季報ですが、具体的な内容については知らないという人も少なくありません。
慣れていないと見方も分かりにくいかもしれませんが、しっかりと見方を覚えることで多くの情報を手に入れることができるようになります。

これから投資を始めるという人にとっても、会社四季報は重要なツールです。
銘柄選びの際には、会社四季報をチェックしながら進めていきましょう。

執筆者:佐藤真奈美より

 はじめまして、当サイトである『投資塾』で記事の執筆を担当させて頂いております、佐藤真奈美と申します。現在、複数の投資関連のメディアサイトに相場予想や投資関連の解説等の記事を寄稿しておりますが、『投資塾』では、株式投資のニュース、経済指標、金融政策等、「市場参加者が、何を見ているか」に重点を置き、株式投資の初心者にも分かりやすいよう、他では知れない情報の提供に努めさせて頂いております。

執筆者:佐藤真奈美について

おススメの証券会社

株式投資の基本
投資塾~今から始める株のお話~
タイトルとURLをコピーしました