株式投資におけるバリュエーションについて

株式投資の基本

バリュエーションという言葉をご存知でしょうか?株式投資においてはしばしば登場するのですが、知らない人にとってはピンとこないものでしょう。
実はこのバリュエーションは、株式投資においては重要な意味を持っています。言葉の意味と、その重要な役割について解説していくので、是非覚えておいて下さい。

バリュエーションとは?

株を取引する際の価格として株価がありますが、この株価は常に変動していくため、明確に今の株価が高いのか、それとも安いのかという基準がありません。お店で買う商品の場合は、定価が決まっているうえで他店との比較もできるので、高いか安いかを判断するのは簡単なのですが、株にはその基準がないため、高いと思っていても実は割安だったり、安いと思ったら実際の価値としては割高だったりすることがあるのです。
この評価が確定するのは、後になってからです。例えば、今の株価が1000円だったとしても、後日1500円になったら割安だったことになり、500円になるようだったら割高だったということになるのです。株式投資では、その結果が出る前に株の価値を推し量り、いち早く投資していく必要があります。
この時に、株の価値を推し量る基準として用いられるのが、バリュエーションです。バリュエーションは評価という意味で、株価の物差しとして使われる指標のことを全般的に株価バリュエーションと呼んでいます。
株式投資のレポートなどを見ると、しばしば「バリュエーションの観点から売却した」という記述が見られます。これは、その株の人気が高過ぎて本来の価値から見ると割高になったと判断されたため、売却したということを示しています。
この時に使われる指標は特に決まっているものではないので、人によっても使われる指標は異なっていて、またその時の状況によっても違う指標を用いることがあります。例えば、株価が割安かどうかを判断するために良く用いられるのが、株価収益率を示すPERや株価と純資産の比率を示すPBRですが、これらも株価バリエーションの一種であり、最も基本的なものでもあります。機関投資家をはじめ、プロといわれる投資家ならおおよそはさらに色々な指標からより詳細に判断をしていくのですが、その種類は数え始めたらきりがないので、まずはこのPERとPBRを理解して、そこから自分なりに発展させていく事を目指しましょう。

バリュエーションをどう使うか

バリュエーションを用いる際には、いくつかの使い方があります。それは例えば、同業他社の銘柄との比較であったり、あるいは過去と現在の同一銘柄の比較であったりという使い方が一般的です。しかし、バリュエーションとしてどの指標を用いているのかによってその判断は違いが生じるため、その判断が正しいものとは限りません。また、どの指標なら正解なのか、という絶対的な答えもないので、現状の株式市場の状況にあった指標を用いるのが正解、というだけでそれがどれなのかは後日にならないとわからないのです。
株の中には、割安と判断される状態からさらに株価が下がる銘柄もあれば、割高のはずなのにそこから再び株価が上がるものもあります。そうして、そのまま適正と判断される株価に戻らず、長い間その状態を保ち続けることもあります。
それなら何のためにバリュエーションを使うのかといえば、それでも株を買う時の判断基準に割安か割高か、という点を加えるためです。割安のまま、割高のままとなる株は確かにあるのですが、別の指標で見るとその判断とは異なる結果になることがあります。どの指標で見ても同じ結果なのに割安のまま、あるいは割高のままとなる株は、本当にごく一部でしょう。
バリュエーションで割安だと思ったのにそこから割安になっていくようなら、普段とは異なる指標で見てみましょう。そうすると、なぜそれが割安のままなのか、その理由が見えてきます。そうしたら、今度からはバリュエーションの判断にその指標も加えるようにすると、より正確な判断ができるようになるでしょう。株価のものさしとなる株価バリュエーションには正解という物がありませんが、自分の信頼できるものさしとして作り上げていくことはできます。ただし、そのためにはものさしを使い込んでいく必要があり、そして自分が判断するための助けとなるように、指標も取捨選択をしていくことになります。実際に株価バリュエーションを使って、その結果から指標を変更したり加えたりして、さらに使っていく、ということを繰り返していくと、いずれこういう時にはこのものさし、という判断ができるようになっていきます。
ただし、いくらものさしを調整しても、結果がどうしても異なる、ということもあり得ます。その場合は、また違う視点からの判断が必要になります。その際に用いられるのが、ファンダメンタルズです。

バリュエーションとファンダメンタルズ

ファンダメンタルズというのは、その株式が持つ本来の価値という意味です。業績だけではなく、業界内でのポジションなども勘案した上で企業価値を求め、それを基にして株価を計算した場合などによく使われています。
ファンダメンタルズ分析で業績を予想し、そしてテクニカル分析で需要と供給のバランスを予想することで、より正確な株価の予想が可能となります。ファンダメンタルズとバリュエーションを組み合わせることで、その株の適正な株価をより正確に推し測ることができるようになるでしょう。
いわば株価というのは、このバリュエーションとファンダメンタルズの狭間で常に動いています。ファンダメンタルズが改善されると、その株の価値は高くなるのですが、実際に改善された時にはすでに株価は上がっています。それは、バリュエーションによって投資家がいち早く改善の動きを察して動き出すからです。
業績が大幅に上がった場合、その企業の株は値上がりしますが、結果が出てから動くのでは高値掴みをしてしまう可能性が高いので、業績が上がる兆しを見せた際には投資家がもうその株を買い始めるのです。しかし、一瞬だけ上がりかけてその後平年並みに落ち着くこともあるため、それが本物かどうかを判断する必要があるのです。
ファンダメンタルズ分析ができる投資家にとっては、基準となる株価は自分で判断することができるのですが、大多数の投資家にとっての株価は市場での動きから基準を判断する事しかできないものであり、それは他人が評価した内容の平均を見ている、ということでもあります。短期的に投資する場合はそれでもいいのですが、長期投資も視野に入れた場合はやはり自分できちんと株価に対する基準を持つことが重要な意味を持ちます。バリュエーションでは短期的な値動きの予測はできても、長期的な値動きの予測は難しいのです。バリュエーションとファンダメンタルを併用することで、短期と長期の値動きをそれぞれ判断できるようになるため、株式投資では両方を組み合わせて判断していく事をおすすめします。

まとめ

株の価値を評価する方法は一つではなく、またその中でどれが正解というものもありません。買われることが多い株は株価が上がり、売られることが多い株は株価が下がるのですが、その基準となるものは投資家によって異なるからです。
バリュエーションは、自分なりのものさしを作り上げていくことであり、他人のものさしは参考にすることができても、信頼を置けるものとするなら自分で使いこんでいくしかないのです。
また、バリュエーションだけではなくファンダメンタルズも併用することで、現在の株価だけではなく将来的な株価の動きも予測できるようになります。投資の判断をする際は、その両方を使って行うようにしましょう。

執筆者:佐藤真奈美より

 はじめまして、当サイトである『投資塾』で記事の執筆を担当させて頂いております、佐藤真奈美と申します。現在、複数の投資関連のメディアサイトに相場予想や投資関連の解説等の記事を寄稿しておりますが、『投資塾』では、株式投資のニュース、経済指標、金融政策等、「市場参加者が、何を見ているか」に重点を置き、株式投資の初心者にも分かりやすいよう、他では知れない情報の提供に努めさせて頂いております。

執筆者:佐藤真奈美について

おススメの証券会社

株式投資の基本
投資塾~今から始める株のお話~
タイトルとURLをコピーしました