株のポートフォリオについて

株式投資の基本

株式投資をする際には、集中して投資するべきか、分散して投資するべきか、という悩みを抱く人は多いでしょう。また、分散するにしてもどのような組み合わせにするべきか、その点も考えなくてはいけません。
今回は、株式投資の内訳である、ポートフォリオについて考えてみましょう。

ポートフォリオの考え方

株式投資でポートフォリオがなぜ必要かというと、リスクを軽減するためです。株式市場は、時に全体的な下落を見せることがあります。日経平均株価やTOPIXのように、代表的な指数が下落するケースがこれにあたります。そうなると、多くの銘柄が同時に値下がりしてしまうのです。
このとき、少数の銘柄に投資をしていると、その下落に伴って大きな損失を抱えることになるでしょう。また、その銘柄も気になったものを無作為に選んで投資しているだけでは、分散投資しているつもりでも同時に下落してしまう可能性があります。
ポートフォリオというのは、このような事態に備えて株価の動きに相関性が低い銘柄、あるいは市場の動きに関わらず独自の値動きを見せている銘柄などを組み合わせることで、株価の変動リスクによる影響を最小限に抑えつつ、安定したリターンを得られるようにすることをいいます。
株式投資において、自分が値上がりすると信じた銘柄に対して集中投資する投資家は意外と多いのですが、株式投資では先のことが不確実だということを忘れてはいけません。絶対に値上がりする、と思える株であっても、思わぬ暴落に見舞われることもあり得るのです。株式投資で大きなリターンを狙う人もいるでしょうが、それよりもリスクを減らすことを第一に考えるのであれば、ポートフォリオを組むことが大切になるのです。

ポートフォリオの考え方

ポートフォリオを組む際は、漠然と組み合わせては意味がありません。リスクを減らすにしても、リターンがなくては投資する意味がないからです。組み合わせは無限大に等しいほどあるのですから、その中で最良の組み合わせを考えましょう。
ポートフォリオに対する考え方の基本は、同じリスクであればより高いリターンに期待できる組み合わせを選び、期待できるリターンが同じならリスクがより少ない方を選ぶというものです。ポートフォリオは機関投資家をはじめ、多くの投資家が組んでいるのですが、誰が組む場合でもこの考え方は同じです。
また、この際に注意しなくてはいけないのが、コストに対する考え方です。株式投資では、取引の際に取引手数料というコストがかかります。これは、明らかにマイナスのリターンとなる点なので、このコストが最小限になることも考えなくてはいけません。同じリターン、同じリスクであれば、より少ないコストで取引できる銘柄を選ぶことになります。
ポートフォリオというと、非常に複雑な組み合わせをするのではないか、と思うかもしれませんが、実際にはそこまで複雑でもありません。個人投資家であれば、多くても10銘柄程度に分散投資することが多いでしょう。投資する対象を増やせばリスクは小さくなるというわけでもありません。また、投資対象を増やすとなるとそれだけ必要な資金も増えます。1銘柄に平均30万円ずつ投資するとして、10銘柄なら300万円必要ですが、30銘柄になると900万円必要になるのです。そうなると、本命の銘柄には手厚く投資したいと考えていても、そこに投資する資金が不足するなど不備も生じやすくなります。また、多くの銘柄をすべて管理するのは大変です。すべての資産を投資する必要もないので、投資対象は10銘柄程度に抑え、自由に動かせる資産を確保したうえで、それぞれの銘柄に投資する金額を増やすほうがいいでしょう。
投資する銘柄を選ぶときの考え方としては、お互いに相関性が低くなるように組み合わせることが重要です。実際に、インデックスの変動と個別銘柄の株価の動きを比較しながら選びましょう。例えば、インデックスが値上がりした際に、株価が上がる銘柄と下がる銘柄があるとします。この2つに対して、同じ金額を投資するとインデックスの上下に関わらず、評価資産額は変動しなくなります。実際にちょうど同じ値動きをすることはまずないでしょうが、それでも値動きが小さくなるような組み合わせにはできるでしょう。
また、インデックスの変動とは全く関係ない値動きをする銘柄もあります。こういった銘柄は独立性の高い値動きをするので、これも組み合わせておくべきです。ただし、その場合は何を根拠に値動きしているのか、きちんと把握したうえで投資します。そして、それに反する動きをする銘柄も見つけるようにしましょう。
ポートフォリオで最も安定したリターンを得るには、なるべく高配当の銘柄を市場の値動きで全体の評価額が上下しないように組み合わせることです。たとえ、高配当の銘柄1つに投資しても、それ以上に株価が上下する可能性はあります。それよりも、配当率は多少下がったとしても株価変動リスクの影響を受けにくくすることで、安定したリターンを得ることができるでしょう。

銘柄の選び方

ポートフォリオを組む際には、銘柄を選ばなくてはいけません。しかし、数多くある銘柄の中からどれを選んだらいいのか、判断ができないという人もいるでしょう。そこで、基本的な選び方について解説します。
これは、アメリカの有名な投資指南役であるジム・クレイマーという人物が、自らの著書で紹介している選び方です。まず5銘柄を選ぶ際は、「石油株」「身の回りの企業」「金融関連」「有名な優良企業」「投機対象となる銘柄」の5つをそれぞれ選びます。そして10銘柄にする場合は、上記に加えて「ハイテク銘柄」「大型の優良循環銘柄」「流通チェーン銘柄」「消費財関連銘柄」「将来的に期待できる有望銘柄」を組み入れましょう。
ただし、これらのテーマに沿っているからといって、なんでもいいわけではありません。具体的な銘柄を選ぶ際には、各銘柄をじっくりと時間をかけて分析するべき、とも言っています。ポートフォリオは頻繁に変更するものではないので、その分最初はしっかりと時間をかけて考えましょう。
しかし、中にはそんなに時間をかけるのが難しいという人や、どうしてもポートフォリオを決められないという人もいるでしょう。そういう場合は、ポートフォリオを自分で組むのではなく、すでにポートフォリオが組まれている投資信託に投資するのがおすすめです。
投資信託の中でも、インデックスファンドといわれるものは非常に多くの銘柄でポートフォリオを組んでいて、中には1,000銘柄を超えるものもあります。インデックスファンドは、いわば市場全体に投資するものです。そして、少ない資金から投資できるため、自分の資産に合わせて投資する金額を自由に選ぶことができます。
インデックスファンドは、投資の専門家がポートフォリオを組んでいます。自分でポートフォリオを組んだ方が、利益にも損失にも納得はいくでしょうが、市場平均よりも劣る成績であれば意味はありません。それよりも、安定したリターンを求めてプロに任せてしまうというのも一つの選択肢でしょう。自分で選んでみるか、それとも投資信託で運用を任せるか、一度どちらがいいのか考えてみましょう。

まとめ

株式投資において、少しでもリスクを抑えて安定したリターンを得るためには、ポートフォリオを組むことが大切です。適切なポートフォリオを組むことができれば、株価変動リスクを最小限に抑えながら、高いリターンを得ることもできるでしょう。
しかし、バランスのいい組み合わせを考えるのは大変です。自分で考えるのが難しい時は、すでにポートフォリオを組んでいる投資信託を利用して、資産の運用を委託してしまうことも考えてみましょう。

執筆者:佐藤真奈美より

 はじめまして、当サイトである『投資塾』で記事の執筆を担当させて頂いております、佐藤真奈美と申します。現在、複数の投資関連のメディアサイトに相場予想や投資関連の解説等の記事を寄稿しておりますが、『投資塾』では、株式投資のニュース、経済指標、金融政策等、「市場参加者が、何を見ているか」に重点を置き、株式投資の初心者にも分かりやすいよう、他では知れない情報の提供に努めさせて頂いております。

執筆者:佐藤真奈美について

おススメの証券会社

株式投資の基本
投資塾~今から始める株のお話~
タイトルとURLをコピーしました