本日の相場見通し(2020年10月28日)

2020年10月28日の相場解説

10月27日の東京株式市場は、前日のNYダウの大幅下落を受けて、一時約260円下落する場面もあった。

しかし、好業績株などに押し目買いが入ったことから、下げ幅を縮めた。

日経平均株価は前日比8円54銭安の23,485円80銭で取引を終えた。

NYダウは、新型肺炎の感染再拡大がこの日も重しとなり、続落。

さらには、トランプ米大統領が追加経済対策について、米大統領選後になる可能性が高いとの認識を示したことも、相場の重しとなった。

そのため、NYダウは前日比222.19ドル安の27,463.19ドルで取引を終えた。

また、ナスダック総合指数は、前日比72.41ポイント高の11,431.35で取引を終えた。

 

東京時間のドル円は、序盤は1ドル104円80銭台で推移したが、日経平均株価が210円超下げると1ドル104円70銭台に下落。

仲値近辺で実需筋によるドル買いが入ったことから、1ドル104円80銭台に再浮上した。

しかし、じり安となり、1ドル104円70銭を割り込む場面もあった。

午後に入ると円安とドル安が同時に進んだため、ドル円は1ドル104円70銭台で小動きとなり、動意に乏しい展開が続いた。

欧州勢が参入すると、ドル円は1ドル104円67銭まで下落したが、ドル売りが一服すると1ドル104円80銭台まで上昇した。

ロンドン時間に入ると、NYダウ先物が下落したことから、ドル円は1ドル104円60銭を割り込んだ。

しかし、ドル売りが一服すると、1ドル104円60銭前後でもみ合いとなった。

ニューヨーク時間に入ると、米10月消費者信頼感指数が事前予想の102.0を下回る100.9となり、米10月リッチモンド連銀製造業指数が事前予想の18を大幅に上回る29となった。

消費者信頼感指数が事前予想を下回ったことが懸念され、米10年債利回りは堅調に推移。

一方、ドルは徐々に売られる展開となり、1ドル104円40銭を割り込む展開に。

NYダウが130ドル超安となったことも、円高・ドル安の要因となった。

しかし、下落が一服すると、ドル円は1ドル104円49銭まで回復。

最終的にドル円は、1ドル104円37銭~104円47銭で推移した。

 

本日の日経平均株価は、前日の米株が続落したことが重しとなり、下落しやすい展開に。

円高が進んだことも、重しになると考えられる。

 

本日のニュース

大手金属メーカー 日立金属 3200人の人員削減へ【NHK】

大手金属メーカーの日立金属は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で業績が悪化しているとして、グループ全体で国内外の従業員のおよそ1割にあたる3200人の人員削減を行うことを明らかにしました。

発表によりますと日立金属は来年度、2021年度にかけて、正社員と非正規雇用の従業員を合わせた国内外の従業員、およそ3200人を削減するとしています。

これはグループ全体のおよそ1割にあたり、定年退職にともなう自然減に加え、国内では1000人程度の希望退職を募集する方針です。

日立金属は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、主力の自動車向けエンジンの部品や金型などの売り上げが大きく落ち込んでいて、27日に発表した、ことし4月から9月までの中間決算では、売り上げが3408億円と、去年の同じ時期を25%下回り、最終的な損益は332億円の赤字となっています。

日立金属は業績の低迷を受けて今月から6か月間、役員報酬の一部を返上することも合わせて決めていて、感染拡大が大手企業の雇用や経営にも影響を及ぼしています。

大手金属メーカー 日立金属 3200人の人員削減へ | NHKニュース
【NHK】大手金属メーカーの日立金属は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で業績が悪化しているとして、グループ全体で国内外の従業員…

 

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース【Bloomberg】

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース
ソフトバンクグループは先月、英半導体設計子会社アームをコンピューター・グラフィックス(CG)用半導体最大手の米エヌビディアに最大400億ドル(約4兆2000億円)で売却すると発表。この記録的な大型案件がまとまる可能性に備えると同時にインテルの牙城を崩すために、新たに米大手2社がこの日、大型合併を明らかにしました。半導体...

 

執筆者:佐藤真奈美より

 はじめまして、当サイトである『投資塾』で記事の執筆を担当させて頂いております、佐藤真奈美と申します。現在、複数の投資関連のメディアサイトに相場予想や投資関連の解説等の記事を寄稿しておりますが、『投資塾』では、株式投資のニュース、経済指標、金融政策等、「市場参加者が、何を見ているか」に重点を置き、株式投資の初心者にも分かりやすいよう、他では知れない情報の提供に努めさせて頂いております。

執筆者:佐藤真奈美について

おススメの証券会社

本日の相場
投資塾~今から始める株のお話~
タイトルとURLをコピーしました