株の注文方法の基本を知ろう

株式投資の基本

株の注文方法には色々な種類がある

株を買うには注文を出す必要があります。そのための注文方法には、色々な種類があることをご存知でしょうか?

例えば、株は成行注文や指値注文、逆指値注文といった注文方法で売買することができます。それぞれについ簡単に説明します。

成行注文…売買の際、値段を指定せずに発注する方法で、簡単に言えば「何円でも良いので買います(売ります)」という注文方法になります。株の場合、成行注文の約定が優先されます。つまり、もっとも約定までのスピードが速いのが成行注文ということになります。

指値注文…売買の際、値段を指定して発注する方法です。値段を指定するといっても、きっちり〇円で約定するとは限らず、自分にとって有利方向に働くこともあります。つまり、指値注文は、「〇円以下で買います」あるいは「〇円以上で売ります」という内容の注文である、ということになります。値段を指定する分、成行注文よりも約定は遅くなります。また、指値注文同士でも優先度にルールがあり、価格の高いものから優先されます。そのため、例えば1,000円の指値注文よりは1,001円の指値注文の方が優先される、ということになります。また、同じ価格の注文の場合は、早く注文を出した方が優先されます。なお、指値注文はリミット注文、リミットオーダーと呼ばれることもあります。

逆指値注文…指値注文とは反対に自分にとって不利方向の注文となり、「〇円以上で買います」「〇円以下で売ります」という内容の注文になります。ストップロス注文、ストップロスオーダーと呼ばれることもあります。この名前から判るとおり、利益確定よりは損失限定でのために使われることの多い注文方法であると言えます。なお、逆指値注文の場合、例えば逆指値で1,000円の売り注文を入れた時に、1,000円で約定する場合もありますが、相場の状況によっては990円など想定よりも乖離した価格で約定することもあるので注意が必要です。

成行注文、指値注文、逆指値注文の基本は上記のとおりです。ただ、注文の基本は指値注文と成行注文になります。

指値注文について

すでに書いたとおり、指値注文は「〇円以下で買います」「〇円以上で売ります」という注文方法になります。そのため、自分にとって不利方向で約定することはありません。つまり、「思ったよりも高い値段で買う羽目になった」「思っていたよりも安い値段で売ることになってしまった」ということにはならない、ということです。相場の状況次第では、自分が指値に指定した価格よりも有利な価格で約定することも珍しくありません。例えば、1,000円で1万株の買い注文を出した時に、全株が999円で約定することもあります。また、1,000株が998円で約定、3,000株が999円で約定、6,000株が1,000円で約定…というように、一部が有利な価格で約定することもあります。

このことから分かるように、指値は自分にとって不利な方向での約定はしないので、安心して発注を出すことができるということがメリットです。一方、自分の指定した価格や有利方向の価格に買い注文や売り注文が入っていなければ、約定しないことがデメリットになります。そのため、例えば1,000円の指値の買い注文を出した場合に、売り注文が1,001円以上から入っており、かつ売りの成行注文が入っていなければ、約定しないということになります。場合によってはその日のうちに約定しないこともあるのです。なお、指値注文は予約注文になりますので、注文の有効期限を決めることができます。当日中のみの注文、ということもできますし、約定するまで1週間注文を出し続ける、という形の注文を出すこともできます。

指値注文を使うと良いケース

指値注文を使うと良いケースはどんな時でしょうか。例えば、好材料が出ている時には、どんどん株価が上がっていきます。こういう時はすぐに株を売る必要がないので、指値注文を入れて、自分の希望する価格以上での約定を待つと良いでしょう。特に取引量が多く、値動きの安定した東証一部上場銘柄の場合、好材料が出てどんどん株価が上がっていくことが想定された場合は、指値注文を使うと良いでしょう。

なお、余談ですが、「希望する価格を入れましょう」とは言っても、どんな価格を入れても良いというわけではありません。というのも、FXなどとは違い株には値幅制限があるからです。そのため、上がるにせよ下がるにせよ、「〇円まで」というように値幅が決められています。

なお、値幅制限は例えば1株100円以上200円未満の場合は1日50円までの価格変動、1株200円以上500円未満の場合は1日80円までの価格変動…というように、株価の値段によって変動する値幅が決められています。そのため、例えば当日の始値が300円の株が好材料によってどんどん上がっている場合に、400円の指値注文を入れても注文は入りません。この場合、株価がどんなに上昇したとしても、380円がこの日の高値ということになります。

また、指値は値動きがあまりない時にも有効です。好材料が出たわけではないためあまり活発に取引されていないものの、今後、好決算が出そうなど見通しが明るく、早めに株を買っておきたい…という時は、急いで買う必要がないため、指値注文を入れても問題ありません。ただし、売りたいという人があまりに少ないと、売りたい価格で売れない可能性もあるので、この場合も、取引量の多い東証一部上場の銘柄が良いでしょう。

なお、取引量の少ない新興市場の場合、指値注文を使うのが良くないのかというと、決してそうではありません。ただ、普段、取引数量が少ない銘柄の場合は、買い注文も売り注文も少なく、買いたい数量が売りに出ていなかったり、売値が自分の希望よりも高すぎたりすることがあります。そのため、このような銘柄の場合、「今すぐにでも買いたい」というわけではないのなら、指値注文を出して少し待ったり、何日かに分けて買い集めたりする必要があります。

成行注文を使うと良いケース

成行注文の場合は、すでに書いたとおり何円で約定するか分からない注文方法になります。そのため、悪材料が出てどんどん株価が下がっていき、すぐにでもその株を売却しなければならない時などは、成行注文を使って早く手仕舞いをする必要があります。

また、悪材料ではなく、好材料が出てどんどん値上がりしている場合でも、株のタイプによっては成行注文で利益を確定してしまった方が良いケースもあります。

例えば、普段ほとんど売買されないような低位株などがそれに該当します。このような銘柄は、特段の材料がなくても急騰・急落することがあり、一時的に取引数量が増えることがあります。値動きも荒く、次のレートが読めないこともしばしばです。こういう銘柄を買っている場合、突発的に株価が動くことも多いため、とにかく早く約定させて手仕舞いすることが大切になります。そのため、いくつかに注文を分けて成行注文で利益を確定してしまいます。反対に材料がないのに急落した場合も同様です。このような時は成行注文を入れ、一気に約定させてしまいます。

このように、成行注文は価格よりもとにかく約定までのスピードを重視したい時に有効です。ただし、予想以上に不利な価格で約定することもある、ということは覚えておきましょう。株の取引は基本的に「板」と呼ばれる銘柄、値段ごとの売買の注文状況を見て行いますが、ここで仮に1,000円の買い注文が1,000株入っていた場合、「今、1,000株を成行注文で売った場合、1,000円で約定するだろう」と思っても、そうならないこともあります。タイミングによっては、一瞬前に他の注文が入って約定してしまうことがあるからです。そのため、予想よりも高い価格で買ったり、安い価格で売ったりすることもある、ということに注意しましょう。

まとめ

今回は、株の主な注文方法と、基本となる指値注文、成行注文について解説しました。株を取引する際、この2つの注文方法はよく使います。それぞれメリット・デメリットがあり、使うべき場面が異なりますので、よく理解したうえで使うようにしましょう。

執筆者:佐藤真奈美より

 はじめまして、当サイトである『投資塾』で記事の執筆を担当させて頂いております、佐藤真奈美と申します。現在、複数の投資関連のメディアサイトに相場予想や投資関連の解説等の記事を寄稿しておりますが、『投資塾』では、株式投資のニュース、経済指標、金融政策等、「市場参加者が、何を見ているか」に重点を置き、株式投資の初心者にも分かりやすいよう、他では知れない情報の提供に努めさせて頂いております。

執筆者:佐藤真奈美について

おススメの証券会社

株式投資の基本
投資塾~今から始める株のお話~
タイトルとURLをコピーしました