株式投資とグランビルの法則

株式投資の基本

株式投資にも有効なグランビルの法則とは?

株式投資では、個人投資家はテクニカル指標を好んで使う傾向にあります。テクニカル指標には色々なものがありますが、今回は、基本となる移動平均線と株価の関係性に注目した、グランビルの法則について解説します。

グランビルの法則に基づいた株式投資は、単純ながらも意外に有効です。初心者トレーダーでも取り組みやすい方法の一つですので、覚えておくと良いでしょう。

グランビルの法則とは、米国の金融記者兼株式アナリストであるジョセフ・E・グランビルが考案した投資手法です。

グランビルの法則は株価と移動平均線との位置関係に注目しているのが特徴で、買いと売りのポイントをそれぞれ4つのパターンに分けています。

それでは、買いと売りのポイントの4つのパターンがどのようなものか、さっそく見てみましょう。

〇買いのポイントについて

1)移動平均線が下落または横ばいの状態から上昇に転じ、ローソク足が移動平均線を下から上へ突き抜けた時。
2)移動平均線が上向きの時に、ローソク足が移動平均線を上から下に突き抜けた時。
3)移動平均線が上向きの時、移動平均線に向かってローソク足が下落したものの、移動平均線を割り込むことなく再び上昇した時。
4)下向きの移動平均線からローソク足が大きく乖離して下落した時。

〇売りのポイントについて

1)移動平均線が下落または横ばいの状態から下落に転じ、ローソク足が移動平均線を上から下へ割り込んだ時。
2)移動平均線が下向きの時に、ローソク足が移動平均線を下から上に突き抜けた時。
3)移動平均線が下向きの時、移動平均線に向かってローソク足が上昇したものの、移動平均線を突き抜けることなく再び下落した時。
4)上向きの移動平均線からローソク足が大きく乖離して上昇した時。

このように、グランビルの法則では買いと売りのそれぞれに4つのエントリーポイントがあります。

初心者がグランビルの法則を使う場合は、分かりやすいものから使ってみよう

先ほど紹介したグランビルの法則の8つの売買ポイントは基本的に分かりやすく、初心者にも比較的チャレンジしやすいものが多いと言えます。ただ中には初心者には少々判断が難しいものも含まれています。そのため、実際に使う時に、先ほど紹介した8パターンすべてをいきなりチャレンジしようとするのは初心者の場合はやめた方が良いかもしれません。実際の株式トレードに慣れるまでは、8つの売買ポイントの中から特に分かりやすいものを選び、まずはそれからチャレンジしてみると良いでしょう。

先ほど紹介した、グランビルの法則の8つの売買ポイントのうち、初心者が最初に取り組みやすのは、買いの1)と2)売りの1)と2)です。つまり、買いの場合は、「移動平均線が下落または横ばいの状態から上昇に転じ、ローソク足が移動平均線を下から上へ突き抜けた時」または「移動平均線が上向きの時に、ローソク足が移動平均線を上から下に突き抜けた時」が取り組みやすいと言えます。また、売りの場合は「移動平均線が下落または横ばいの状態から下落に転じ、ローソク足が移動平均線を上から下へ割り込んだ時」または「移動平均線が下向きの時に、ローソク足が移動平均線を下から上に突き抜けた時」が取り組みやすいと言えます。

株価が買いの1)と2)または売りの1)と2)に該当した時にエントリーしてみましょう。次に注目しなければならないのが、利益確定のタイミングです。利益確定をどこで行えば良いかというと、買いの場合も売りの場合も、「再びローソク足が移動平均線に触れた時」となります。

もちろん、チャートを見た時に、もっと良い利益確定ポイントはあります。移動平均線から大きく乖離したタイミングでの利益確定は、買いの場合も売りの場合も大きく利益が取れるからです。しかし、初心者にとっては、どのタイミングが最も移動平均線から乖離しているか分からず、「この辺かな?」などと直感で利益確定をしてしまうことも考えられます。株式投資のみならず投資全般に言えることですが、明確なトレードルールの設定と、その遵守は利益を出すために必須です。そのため、「この辺かな?」という感覚頼みで利益確定をするのは絶対に避けましょう。

ちなみに、ローソク足が移動平均線から最も乖離したと思われる場所で利益確定をしたいのであれば、ボリンジャーバンドなどの他の指標と組み合わせて使う必要があります。ただ、初心者がいきなりそれを行うのは難しいでしょう。そのため、まずはグランビルの法則を使ったトレードに慣れることを重視しましょう。ローソク足が最も移動平均線から乖離したところでの利益確定は難しいかもしれませんが、小さくても確実に利益が取れる方法を選んだ方が賢明です。初心者のうちは、投資の格言にある「頭と尻尾はくれてやる」を念頭に、まずはグランビルの法則を使いこなすことに慣れましょう。

移動平均線の期間の設定について

グランビルの法則を使う際、移動平均線が重要なポイントとなりますが、その移動平均線の期間をどう設定すれば良いかが悩みどころになるのではないかと思います。

元々グランビルは、200日移動平均線を利用していたそうですが、1年といった長期スパンでその銘柄の投資を考えている場合はともかく、長くても取引期間は数か月程度というのであれば、200日は長すぎると言えます。

5日、25日、75日と色々な期間の移動平均線がありますが、最も使いやすいのは75日移動平均線かもしれません。ただ、中には数日~10日間程度の取引を考えている人もいるでしょう。その場合は、25日など、もっと短い期間を設定しても問題ありません。

ちなみに、グランビルの法則を使う際に気を付けたいのが、移動平均線の向きです。先ほど説明した8つの売買ポイントは、買いの場合は上向きの移動平均線、売りの場合は下向きの移動平均線に対し、ローソク足がどのような位置にあるか、ということに注目しています。

しかし、相場には株価の変動が少ない横ばいの状態もあります。つまり、移動平均線が横ばいになっている時もある、ということです。そのような時に、ローソク足が移動平均線を上抜けたり下抜けたりするケースもありますが、移動平均線が横ばいである以上は取引するのはやめて、移動平均線に明確な方向が出てきたタイミングで取引を行うようにしましょう。

このようにしてグランビルの法則の買いと売りの1)と2)のケースに慣れたら、3)や4)のケースにも注目して取引すると良いでしょう。そうしてグランビルの法則に基づいた取引に慣れたら、ボリンジャーバンドなど他のテクニカル指標と組み合わせた上で利益確定のタイミングを判断するようにしましょう。

なお、グランビルの法則は、トレンドフォロー…いわゆる順張りの投資法に向いた手法です。そのため、「逆張りで取引したい」という人にはあまり向いていないかもしれません。

グランビルの法則の良さは、低位株など取引参加者が少ないために出来高が少なく、値動きの荒い銘柄にも利用しやすいことです。ただ、グランビルの法則を使って取引する場合、低位株は値動きが荒い分、ボリンジャーバンドなど他のテクニカル指標も参考にして取引した方が良いかもしれません。それぞれの銘柄によって癖がありますので、その銘柄の癖を見極めて取引するようにしましょう。

まとめ

今回はグランビルの法則について解説しました。非常にメジャーで初心者にも取り組みやすいグランビルの法則ですが、実は結構使えます。テクニカル指標は複雑なものでないといけない、とつい考えてしまいそうになりますが、実際はそうではないのです。実は勝っているトレーダー程、単純な手法を使っていることも珍しくありません。初心者でも取り組みやすいグランビルの法則を理解し、実際の株式投資で活かしてみてはいかがでしょうか。

執筆者:佐藤真奈美より

 はじめまして、当サイトである『投資塾』で記事の執筆を担当させて頂いております、佐藤真奈美と申します。現在、複数の投資関連のメディアサイトに相場予想や投資関連の解説等の記事を寄稿しておりますが、『投資塾』では、株式投資のニュース、経済指標、金融政策等、「市場参加者が、何を見ているか」に重点を置き、株式投資の初心者にも分かりやすいよう、他では知れない情報の提供に努めさせて頂いております。

執筆者:佐藤真奈美について

おススメの証券会社

株式投資の基本
投資塾~今から始める株のお話~
タイトルとURLをコピーしました