株式投資で必ずチェックしたい決算短信の見方~決算短信・サマリー~

株式投資の基本

上場企業が必ず発表する決算短信とは

株式投資をする上で必ずチェックしなければいけないものの一つが、会社の決算状況です。どんな会社でも必ず決算書を作成します。上場企業の場合ももちろん決算書を作成しますが、それを投資家向けに公開しなければなりません。それが決算短信です。決算短信は決算日後45日以内に開示するというルールが取引所により定められています。

なお、上場企業は有価証券報告書も公開しています。こちらは決算短信よりもさらに詳しい内容となっていますが、開示のタイミングは決算短信より遅く、決算日後3か月以内に開示するということが金融商品取引法に定められています。

なお、決算短信と有価証券報告書は、先ほど書いたとおり有価証券報告書の方がより情報量が多く詳しい内容になっていますが、他にも違いがあります。その一つが、決算短信は速報値であり、有価証券報告書の方は確定値であるということです。そのため、決算短信と有価証券報告書では微妙に内容が異なることもあります。また、決算短信と有価証券報告書とでは、決算短信の方が市場に与える影響が大きいのも特徴です。こちらの方が有価証券報告書より情報が先に出るため、投資家はまずは決算短信の方をチェックします。そのため、市場に与えるインパクトはどうしても決算短信の方が大きくなります。

なお、決算短信をチェックするのは投資家だけではありません。例えば銀行が融資先となる上場企業の決算短信をチェックする場合もあります。また、M&Aや企業同士の取引の際に、決算短信を利用する場合もあります。このようなビジネスの場においては有価証券報告書を利用するケースが多いのですが、先述のとおり有価証券報告書は提出までの期間が決算短信よりも長いため、タイミングによってはまだ開示されていないことがあるのです。そんな時に決算短信で代替し、その企業の財務状況や今後のビジネスの見通しをチェックします。

さて、決算短信を見ると、表紙の部分にその期の決算の概要が記載されていることが分かります。この表紙の部分がサマリーで、決算のダイジェスト版ともいえる内容が記載されています。売上高、営業利益、経常利益、純利益などの他、キャッシュフロー、配当の状況、来期の会社予想といった内容が分かりやすく簡潔に記載されています。

その次のページからは添付資料の部分になります。添付資料の部分では、経営成績等の概況、会計基準の選択に関する基本的な考え方、連結財務諸表および主な注記が記載されます。このように項目だけ書いてもピンとこないかもしれませんが、例えば経営成績等の概況では、その期の会社の事業の概況とその結果がセグメントごとに記載されています。なお、一つの事業しか行っていない会社の場合は単一セグメントということになりますので、この場合はセグメントごとの記載はありません。大きな会社になればなるほど、複数の事業部を抱えて手広く事業を展開しているため、セグメントごとの内容も多くなります。

実は、以前は添付資料の部分にはもっと多くの情報を記載する必要がありました。例えば経営方針や企業集団の状況、役員の異動といった内容が記載され、もっとボリュームの多いものになっていたのです。しかし、2017年3月31日以降、決算短信が簡素化されたため、現在は記載すべき内容が以前よりも絞られています。開示の要請を取りやめたり、有価証券報告書に記載する内容なったりと変更があったため、添付資料に記載されるのは先述の内容となっています。

このように、決算短信はサマリーと添付資料の2つで構成されていますが、特に重要なのはやはりサマリーの部分です。しかし、そのサマリーの部分にも様々な内容が記載されているため、初心者は何をチェックし判断材料にすればよいのか分かりにくいかもしれません。そこで、次に何をチェックすべきかについて解説します。

サマリーで、売上高、営業利益などの伸びをチェックする

先ほど書いたとり、決算短信で最も重要になるのはサマリーの部分になります。サマリーの部分にも様々な情報が記載されているため、初心者の場合、どれも重要になってしまい何をチェックすべきかわからなくなってしまうかもしれません。ここでまずチェックしたいのは、最初の経営成績の部分です。おそらく、「〇年×月期の連結経営成績」と書かれている会社が多いのではないでしょうか。グループ会社がある会社は連結決算を行い、子会社を含むグループ会社全体の売上高や営業利益などの数字をここに掲載します。なお、上場企業の中にはグループ会社のない会社もありますので、その場合は「〇年×月期の業績」と書かれています。

ここに記載されている売上高、営業利益、経常利益といった項目の数字に注目するのはもちろんですが、さらに注目したいのは前期比に対しどうなっているのか、ということです。前期比に対しプラスなのかマイナスなのか、ということをまずは確認しましょう。なお、営業利益や経常利益に関しては、赤字のこともあります。その場合は赤字が縮小しているかどうかがポイントとなります。

前期比プラスであれば順調ということがいえますが、どの程度プラスなのかということもチェックしたいところです。例えば、今期の売上高が前期比5.0%増、営業利益が前期比10.0%増になっていたとします。この時に確認したいのが、前期の売上高と営業利益がどうだったのか、ということです。前期の売上高が前期比4.0%増、営業利益が前期比8.0%増となっていれば、業績の伸びが増しているということになります。一方、前期の売上高が前期比8.0%増、営業利益が前期比15.0%増となっていれば、今期は増収増益になっているものの、業績の伸びは鈍化したと考えられます。増収増益が続くと一口にいっても、前期よりもさらに増収増益の勢いが増している状態が続く会社というのは多くはなく、見つけるのは大変でしょう。また、増収増益が続いているものの、業績の伸びが増したり鈍化したりを繰り返している会社もあります。投資の判断材料として分かりやすいのは業績の伸びの勢いがある…つまり、モメンタムの強い銘柄を探すことです。つまり、売上と営業利益、経常利益が毎期過去最高を更新し続けている会社の銘柄ということになります。

業績の伸びが増すということは、成長に勢いがあるということになり、モメンタムが強いということになります。このようなモメンタムが強い状態の続いている銘柄を探すのが、初心者にとって最も分かりやすく取り組みやすい投資法であると言えるでしょう。

反対に、増収増益が続いているものの、年を追うごとに伸びが鈍化している会社というのは、モメンタムが弱いということになります。この場合は、モメンタムが弱くなった原因が何にあるのかを分析する必要があります。会社が成熟期に入った、事業環境が悪化している、会社がさらなる成長を狙い投資額を年々増やしている…様々な原因がありますが、それによって判断は異なります。例えば、さらなる株価上昇を狙うのであれば成長期の会社への投資が良いといえますが、成熟期の会社は、成長期の会社ほど大きな成長が期待できない一方で、株主に積極的に配当するケースがあり、そのような会社は株価が下がりにくいという特徴があります。キャピタルゲインよりインカムゲインを重視したい、という場合は、このような会社を選ぶのも一つの手です。

まとめ

今回は、決算短信の見方の基本について解説しました。決算短信で最も重要なサマリーの部分は、シンプルながらも投資に必要な情報が載っています。今回は決算短信のはじめの方に記載される業績の部分について解説しました。次回も決算短信についての解説を行います。

執筆者:佐藤真奈美より

 はじめまして、当サイトである『投資塾』で記事の執筆を担当させて頂いております、佐藤真奈美と申します。現在、複数の投資関連のメディアサイトに相場予想や投資関連の解説等の記事を寄稿しておりますが、『投資塾』では、株式投資のニュース、経済指標、金融政策等、「市場参加者が、何を見ているか」に重点を置き、株式投資の初心者にも分かりやすいよう、他では知れない情報の提供に努めさせて頂いております。

執筆者:佐藤真奈美について

おススメの証券会社

株式投資の基本
投資塾~今から始める株のお話~
タイトルとURLをコピーしました