IPOとは何か

IPO投資

IPOの基本

最近、株式投資を始めると、必ず「IPO」という言葉を聞きます。実はこのIPOは、株式投資を長年やっている人の間でも人気が高いのですが、初心者の中にはどんなものかよく知らないという人もいるでしょう。
そこで今回は、「IPOって何?」「どんな魅力があるの?」「IPOで人気があった銘柄は?」ということが気になる人に、IPOがどのようなものなのか、その基本について解説します。

まずはIPOについてですが、これは新規公開株のことを言います。IPOはInitial Public Offeringの略した言葉です。一般的に売買されていなかった株のうち、新しく市場で売買できるようになった株のことをIPOというのです。

企業は、これまで経営者などが所有していた株を上場して市場に流通させることで、投資家から資金を募り企業の規模を大きくすることができます。投資家としても、これまでは成長に期待を持ちながらも一般的に公開されていなかった株が買えるようになることで、その株価が今後上昇することが期待できるのです。

通常、株価というのは欲しい人が増えれば高くなり、売りたい人が増えれば安くなります。しかし、IPOの場合はまだ市場に流通していないので価格は付けられていません。企業が決めた公募価格というものがあって、最初はその価格で購入することになります。この公募価格は、投資家の需要から決定されるブックビルディングという方式で決められています。

IPOは、公募価格で購入することになるので市場のように高値を付ければ優先的に購入できるという訳ではありません。購入できるかどうかは、抽選に当選する必要があるのです。ただし、実はこの抽選は完全平等という訳ではありません。

証券会社の多くは、自社でIPOを受け付ける際に一部を完全平等抽選で販売しますが、一部は自社の顧客の中でも特に取引量が多い顧客などに優先して販売することがあります。特に、店舗型の証券会社の場合はこの傾向が顕著になっています。

また、IPOでは主幹事会社という、特にIPOの割り当てが多い証券会社があります。特に購入したいIPOがある場合は、主幹事会社となっている証券会社で申し込むと、当選口数が多く、当選する可能性が高くなるかもしれません。

IPOの魅力とは?

多くの投資家が参加するIPOですが、そこにはどんな魅力があるのでしょうか?IPOに多くの人が参加する理由である、その魅力について考えてみましょう。

まず、通常の株を購入する場合、多くの人が値上がりをすると考えている銘柄は買いたいと思っている人が多いので、その株価はどんどんと高くなっていきます。そのため、人気がある銘柄を買いたいと思えば、多くの資金が必要になってしまうのです。

しかし、IPOでは市場価格ではなく、公募価格で株を購入することができます。そのため、人気が価格に反映されていないのです。たとえ、多くの人が上場を心待ちにしていた企業の株だったとしても、その人気が株価に反映されるのは市場での取引が始まってからとなります。当選しなくては買うことができないのですが、当選さえすれば少額での投資で短期間に大きな利益を得ることも期待できるのです。

また、IPO株の多くは上場時につけられる初値が、公募価格を大きく上回ることになります。中には、公募価格の数倍となることも珍しくないので大きな利益を狙うことができるのですが、中には公募価格よりも初値のほうが低くなる銘柄もあります。しかし、その場合でも公募価格を大きく下回ることはまずないので、IPOは損をしにくいという点も魅力です。

実際に、2018年に行われたIPOは全部で90社ありましたが、その中で初値が公募価格の2倍以上になったIPOは29社あり、全体の32.2%となりました。3倍以上になったのは5社で5.6%、5倍以上になったIPOも2社あり、全体の2.2%です。最も大きく値を上げたIPOでは、公募価格の10.89倍となっています。

また、初値が公募価格を下回る公募割れとなってしまったIPOは9社と、全体の10%が公募割れとなったのですが、その中で最も大きく公募割れしたIPOで0.63倍、次いで0.83倍となったのですが、それ以外は公募割れしても0.90倍以上であり、ほとんどの場合大きな損失とはなりませんでした。特に、2018年に上場したソフトバンクは規模も大きく、注目度も高かったために2018年のIPOでは最も話題となったのですが、想定価格を高く設定しすぎたためか結果は0.97倍とわずかに損失が生じた点が残念なところでしょう。

IPOは、通常の株式投資とは違いタイミングを計る必要がありません。IPOが発表されたら、それに応募して当選した場合に購入の権利を得ることができるのですが、その場合は公募価格から動くことはないので、朝一番に購入しても、夕方に購入しても価格は変動しないのです。

また、IPOには様々な事前評価がされているので、その評価を参考にして参加するIPOを決めることができます。やはり公募割れするIPOは評価が低いことが多く、また大きく公募価格を上回るIPOは高い評価を受けていることが多いので、IPOに参加する前に一度評価を確認してみましょう。

過去にIPOで注目された銘柄

IPOというと、小さな企業や新興企業などが行うものだと思っている人もいますが、実際にはそんなことはありません。2018年にIPOが行われたソフトバンクのように、大きな企業や有名企業がIPOを行うことも珍しくはないのです。過去にはどのような銘柄がIPOで注目されたのか、紹介していきます。

2016年のIPOでは、JR九州に注目が集まりました。誰もが知っているJRグループですが、これまでは国がすべての株式を保有していたのを財源確保のために売り出すこととなったため、その年の超大型案件として話題となったのです。売り出し株数が160,000,000株と非常に多かったため、公募割れとなることも懸念されていたのですが、実際には公募価格2,600円に対して初値が3,100円と、公募価格を上回る初値となりました。

それを上回る規模でIPOが行われたのが、2015年の日本郵政グループ3社です。日本郵政とゆうちょ銀行、かんぽ生命保険それぞれのIPOが行われたことで、大きな話題となりました。郵政民営化について以前から勧められていた中で、これが最終段階となりました。また、このIPOで得た資金の一部は、東日本大震災の復興資金になるという点も注目される理由となったのです。

この時のIPOでは、日本郵政が495,000,000株、ゆうちょ銀行が412,000,000株、かんぽ生命が66,000,000株をそれぞれ売り出しました。価格としては、日本郵政が1,400円、ゆうちょ銀行が1,450円、かんぽ生命が2,200円となっていました。

実はこの価格は見積もりよりもかなり安く設定されたもので、日本郵政グループでは公募価格をなるべく下げることで、より多くの国民が株を保有できるようにしたいと考えたそうです。売り出しは国が主導となって行われ、その数の多さから主幹事会社が11社にもなるという最大級のIPOとなりました。

結果としては、日本郵政が公募価格1,400円に対して初値が1,631円、ゆうちょ銀行が公募価格1,450円に対して初値が1,680円、かんぽ生命が公募価格2,200円に対して初値が2,929円と、いずれも安定して公募価格を上回るという結果になりました。

このように、IPOは何も新興企業や小さな企業ばかりではなく、大企業が様々な理由から行うこともあるのです。また、その場合は注目度も高く、設定された価格が高すぎない限りは安定して公募価格を上回ることが多いので、IPOの中でも特に狙い目と言えるでしょう。

まとめ

株式投資の中でも、特に大きな利益を狙いやすく勝率も高いとされているIPOは、多くの人から注目されています。しかし、その販売は抽選となるので、必ず帰るとは限りません。また、どの証券会社からIPOに応募するか、という点も重要となります。

チャンスがあればぜひ参加したいIPOですが、必ず勝てるというわけではないので参加する前に情報をしっかりと集め、吟味してから参加するようにしましょう。

執筆者:佐藤真奈美より

 はじめまして、当サイトである『投資塾』で記事の執筆を担当させて頂いております、佐藤真奈美と申します。現在、複数の投資関連のメディアサイトに相場予想や投資関連の解説等の記事を寄稿しておりますが、『投資塾』では、株式投資のニュース、経済指標、金融政策等、「市場参加者が、何を見ているか」に重点を置き、株式投資の初心者にも分かりやすいよう、他では知れない情報の提供に努めさせて頂いております。

執筆者:佐藤真奈美について

おススメの証券会社

IPO投資
投資塾~今から始める株のお話~
タイトルとURLをコピーしました