IPOに当選しやすくするには

IPO投資

多くの投資家が注目するIPOですが、人気の高さから購入するためには抽選を受け、当選する必要があります。特に、値上がりしやすいと思われるIPOや、有名な企業のIPOでは参加者も増え、当選する可能性はかなり低くなるでしょう。

しかし、実はIPOに当選しやすくする方法があるのはご存知でしょうか?どうやったらIPOに当選しやすくなるのか、今回はその方法について紹介します。

なぜ、IPOは当たりにくいのか

IPOに参加したいと思って応募したものの、当選しなかったという経験を持つ人は少なくないでしょう。なぜ、IPOはそれほど当たらないのでしょうか?

IPOの受付口数と応募人数から考えると、当選するのは受付口数が多い大型IPOの場合でおおよそ5%から10%程度、小型IPOの場合は0.1%から0.5%程度といわれています。大型のIPOで最も当選しやすい場合でも10%しかなく、小型で人気があるIPOの場合は0.1%しかないということなので、かなり低いということがわかるでしょう。

また、IPOの抽選というのは完全平等抽選ではありません。まず、応募する証券会社それぞれに割り当てられた口数があるので、証券会社によっても当選する確率は異なります。さらに、証券会社ごとに様々な方法で抽選を行っているので、証券会社の中で完全平等抽選を行っていることもあれば、一定の条件を満たした場合に当選確率を高めていることもあるのです。

そのことを知らずにIPOに応募していると、例えば応募者が多いため当選確率が低い証券会社からわざわざ応募していることもあるでしょう。また、条件を満たさずに応募しているため他の応募者よりも不利な状態で抽選を受けていることもあります。

それでは、IPOに当選しやすくなる方法について、次の章で具体的に解説していきます。

IPOに当選しやすくなる方法は?

IPOに当選しやすくするためには、証券会社がどのような方法でIPOの抽選を行っているか、ということを調べるところから始めましょう。特に、店舗型の証券会社ではほとんどの場合、裁量配分といって、取引が多い、もしくは付き合いが長い顧客を優遇する傾向があるので、普段から利用していない限りは店舗型の証券会社からIPOに応募しても、当選する可能性はかなり低くなると思っていいでしょう。

店舗型の証券会社では、割り当てられたIPOの8割から9割がこの裁量配分で当選が決められるといわれているので、たとえば割り当てが1,000口ある証券会社を選んで口座を開設しても、実際には100口から200口ほどしか当選する可能性がないのです。つまりは、見た目の当選確率に対して、実際の当選確率は1割か2割、ということになります。

こういった理由から、これまでどこか証券会社を利用していたということがない限りは、IPOに参加するのはネット証券から行った方が当選確率は高くなります。ネット証券の場合は、完全平等抽選でIPOの当選を決定している所も多く、また様々な形で顧客に対する優遇を行っていたとしても、その割合は店舗型の証券会社よりも低くなっています。IPOで完全平等抽選を行っているネット証券には、GMOクリック証券やライブスター証券、マネックス証券、カブドットコム証券などがあります。

また、SMBC日興証券では完全平等抽選を行っていますが、その際に落選した人を対象として別途優遇抽選も行っています。その際は、取引実績に応じてステージが決められており、そのステージによって抽選倍率が異なるという仕組みになっています。

IPOの抽選は、1度の参加では当選しなかったとしても、何度も挑戦することで当選の可能性は高くなります。しかし、1つの証券口座では1度しか抽選に参加することができません。そのため、証券口座をなるべく多く保有して抽選に参加することで、当選確率を高めることができます。

ただし、基本的に証券会社1社につき、1名義での口座数は1口座だけとなっています。自分の名義だけでは1社につき1口座しか開設できないので、家族名義での口座開設も考えておきましょう。特に、マネックス証券の場合は親権者が口座を保有していれば未成年者であっても口座を開設できるので、こうした制度を活用して家族名義の口座を増やし、IPOの開催に備えておきましょう。

IPOは、その時によって主幹事会社が異なり、また各証券会社で引き受けることになる口数が異なります。どこの証券会社で交雑造っておけば安心、ということもないので、なるべく多くの証券会社で口座を開設しておくことで、どこでIPOの募集があっても対応できるようにしておきましょう。

ネット証券の中でも、特にIPOの取り扱いが多いのはSBI証券です。抽選方法は全体の70%が完全抽選となり、残りの30%はIPOチャレンジポイントによって決められます。これは、IPOの抽選に外れてしまった際に貰えるポイントが貯まれば貯まるほど、そのチャレンジに割り当てられているIPOで当選しやすくなるというサービスです。つまり、SBI証券の場合はIPOに外れたとしても、次回以降はどんどん当選しやすくなっていくということです。何回IPOに応募しても当選できない、という人は、SBI証券でIPOに応募してみましょう。

SMBC日興証券は、SBI証券に次いでIPOの取り扱いが多い証券会社です。こちらは完全平等抽選ではあるものの、店頭とネット証券の両方を取り扱っていてそれぞれ当選口数が異なっており、およそ90%が店頭取引の口座に振り分けられているため、ネット口座での当選率は全体の10%とかなり低くなってしまうので、注意しましょう。

マネックス証券でも、多くのIPOを取り扱っています。口座数などは上記の2社に及ばないものの、IPOについては100%が完全平等抽選となっているので、これから株を始めようと思っている人がIPOに参加したい場合は、狙い目の証券会社といえます。

IPOの取り扱いが特に多いネット証券は、この3社です。口座を開設しておくなら、ここはなるべく複数開設しておくようにしましょう。

IPOは、通常であれば抽選日というのは事前に決まっているのですが、ネット証券の中でもカブドットコム証券や楽天証券、松井証券、GMOクリック証券などは購入の申し込みが終わってから抽選を行っています。そうなると、他社と比べて販売される日程が数日遅れることになります。その仕組みを利用することで、当選する可能性を高くすることができます

IPOへの応募を、主幹事会社から行うというのも重要です。IPOは、そのほとんどが主幹事会社へと振り分けられることになるので、主幹事会社から申し込めばそれだけ当選口数が多くなります。当選しやすくするために、必ずチェックしておきましょう。

また、応募する人数が少なければそれだけ当選しやすくなるので、口座開設数が少ない証券会社を狙ってIPOに申し込みを行うというのも当選率アップにつながります。ただし、口座開設数が少ない証券会社の場合はそれだけIPOの取り扱いも少ないことがあるので、そのバランスにも注意しましょう。

IPOは非常に人気が高いので、漠然と申し込んでも中々当選しにくいため、色々な方法で当選しやすくなるよう工夫して、欲しいと思ったIPOに無事当選する可能性を高めましょう。

まとめ

購入することができれば、ほとんどの場合はその後に値上がりするため、非常に人気が高いIPOは、購入するために抽選をクリアしなければいけません。しかし、抽選の仕組みや当選しやすくなる方法などを知ることで、IPOの当選確率を高くすることができます。

購入できる機会が限られているIPOで、注目している企業のIPOに当選できるように、あらかじめ色々と準備して当選しやすくなるように工夫しておきましょう。

執筆者:佐藤真奈美より

 はじめまして、当サイトである『投資塾』で記事の執筆を担当させて頂いております、佐藤真奈美と申します。現在、複数の投資関連のメディアサイトに相場予想や投資関連の解説等の記事を寄稿しておりますが、『投資塾』では、株式投資のニュース、経済指標、金融政策等、「市場参加者が、何を見ているか」に重点を置き、株式投資の初心者にも分かりやすいよう、他では知れない情報の提供に努めさせて頂いております。

執筆者:佐藤真奈美について

おススメの証券会社

IPO投資
投資塾~今から始める株のお話~
タイトルとURLをコピーしました