SBI証券の特徴を解説します

おすすめの証券会社

株式投資を始めるには、まず証券会社に口座を開設しなくてはいけません。しかし、いざ証券会社を探してみると、色々な会社があるのでなかなか決められない、という人もいるでしょう。
今回は、おすすめの証券会社としてSBI証券の特徴についてまとめてみました。これから株式投資を始める人も、すでに他社で株式投資をしている人も、是非参考にしてみてください。

SBI証券は口座開設No.1

SBI証券の特徴といえば、何をおいてもまずはネット証券の中で口座開設数がNo.1という点が挙げられるでしょう。最近はネット証券も増えつつあるのですが、その中でも460万人以上の人が選んでいる証券会社が、SBI証券です。また、それ以外にもネット証券におけるNISA口座数、および個人での国内株式の売買代金に関しても、No.1となっています。
証券会社といえば、以前は証券会社も店舗尾を構え、店頭で取引するのが一般的でした。しかし、ネット証券のほうが手数料も安く、手軽に口座を開設して取引できるということで、最近ではネット証券の口座を開設する人が増えているのです。その中でNo.1ということは、全体的に見ても上位の人気と考えていいでしょう。
しかし、SBI証券に口座を開設している人は、数ある証券会社の中からどうしてSBI証券を選んだのでしょうか?その背景には、SBI証券が持つ5つの魅力があるのです。

SBI証券の5つの魅力①格安の手数料

株の取引をする際は、通常売買1回ごとに手数料がかかります。これは回数を重ねるほど取引コストとして負担が大きくなっていくので、ネット証券を選ぶ際には多くの人が売買取引手数料を重視しています。
SBI証券では、取引手数料に2つのプランを用意しています。1つは、注文1回ごとの約定代金によって手数料がかかるスタンダードプランで、1回の約定代金が5万円以下の現物取引なら1回につき手数料は税込54円になります。
もう一つのプランはアクティブプランといって、1日の約定代金の合計金額に応じて手数料が決まるというプランです。このプランの場合、1日の現物取引の約定代金が10万円以下の場合は、なんと手数料0円で取引ができるのです。どちらのプランでも、ネット証券の中で屈指の格安手数料となっています。
また、通常は株式取引ができる時間は、証券取引所が開いている9時から11時、および12時30分から15時までに限られるのですが、SBI証券ではPTSサービスという夜間取引サービスを提供していて、8時20分から16時まで、および17時から23時59分まで取引が可能となっています。このサービスを利用する場合の手数料は、なんと取引所取引よりもさらに5%安いのです。
株式売買において、取引手数料が安いというのはそれだけ利益を得やすいということです。この点をみても、SBI証券が選ばれるのに十分な理由となるでしょう。

SBI証券の5つの魅力②高性能な取引ツール

ネット証券の株式取引は、専用ツールを使って行うのが一般的です。このツールは各証券会社から提供されるので、どの証券会社を選ぶかによって利用できるツールも異なっているのです。そして、その中でもSBI証券の取引ツールは人気があり、このツールを目的にSBI証券を選ぶ人も珍しくないほどです。
SBI証券が提供している取引ツールは、「HYPER SBI」といいます。特徴としては、板情報画面からドラッグ&ドロップをするだけで発注や指値変更、取消ができるので、マウス操作だけで注文が可能という点がまずあります。直感的な操作での発注が可能で、チャートなどの一覧画面で開くことができる注文一覧ビューによって、発注済みの複数の銘柄についても確認することができます
取引ツールを選ぶ際は、テクニカル指標も重要視されます。HYPER SBIは、40種類以上のテクニカル指標を表示することができ、複数の指標を同時に表示することもできます。売買シグナルについても1方向からだけではなく、様々な指標を活用して複数の方向からシグナルを確認することが可能となるのです。
また、アラート機能がついていて、あらかじめ株価などに条件を設定しておくことで、その条件を満たした際に通知することが可能です。スマートフォン用のアプリやメールでも通知することが可能なので、たとえ外出している時で売買のタイミングを逃すことはありません。

SBI証券の5つの魅力③国内株式以外の投資も充実

SBI証券では、国内株式以外にも様々な金融商品に投資することができます。例えば外国株式などは、米国をはじめ中国や韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアの各国の株式を取り扱っていて、さらに海外ETFにも投資が可能です。取り扱い国数に関しても、ネット証券の中で最多となっているので、国内株式に不安があるときなどは海外株式への投資という選択肢も選ぶことができます。
また、証券会社の中にはFXを取り扱っているところも多いのですが、SBI証券でもやはりFX取引が可能となっています。その内容も、20通貨ペアに加えてミニ6通貨ペアの取引も可能と、充実した内容です。さらに、専用のアプリも用意されています。
投資信託についても、取扱本数がネット証券の中でNo.1となっています。さらに、手数料無料のノーロード投信の取扱本数についても、業界トップクラスとなっています。投信専用の検索ツールもあるので、地域やリターン、手数料など様々な条件から比較することができます。
金利が高く、為替差益も狙えることで人気の外貨建債券も取り扱っていて、その償還金や利金の受取を塩化外貨、もしくは外貨建てMMFの自動買付から選ぶことができる無料サービスもあります。
現物株では買えないような、高額の銘柄も低投資で買うことができるカバードワラントも扱っています。対象となるのは、国内外の株式や外貨など多数に及びます。

SBI証券の5つの魅力④IPOの取扱銘柄数がNo.1

IPOの取扱銘柄数が多いという点は、特にSBI証券が注目される点です。IPO投資は勝ちやすいからと人気がありますが、SBI証券では2018年に開催された79件のIPOのうち、訳95%に当たる75社を取り扱っています。また、IPOにおいてSBI証券が有利となるもう一つの理由が、IPOチャレンジポイントの存在です。
これは、IPOに申し込んだものの外れてしまった場合にポイントが付与され、次回以降のIPOで当選しやすくなるというシステムです。これで、いつもIPOの抽選に外れてしまうという人であっても当たる確率が高くなるでしょう。

SBI証券の5つの魅力⑤マーケット情報が充実

投資の際は、情報収集も勝つための重要なファクターとなりますが、SBI証券では投資家に対して、充実したマーケット情報を無料で届けています。
例えば、リアルタイムの株価やチャートを知ることはもちろん、株主優待も条件別に検索することが可能で、会社四季報の情報も無料でチェックすることができます。
また、専属のアナリストによる投資のための市況情報も、動画で毎日配信されています。さらに、専属アナリストに加えて著名アナリストによる投資情報のレポートも連載されています。その内容は、国内株式だけではなく外国株式や投資信託など、多くのジャンルに及びます。
全国の主要都市で、トレンドに沿ったテーマを中心とした会場セミナーも行われているので、投資初心者でも安心して必要な知識を学ぶことができるでしょう。

まとめ

SBI証券には、このような数多くの魅力があり、それによって多くの人から選ばれています。
今後、証券会社に口座を開設しようと考えている人は、まずSBI証券に開設することを考えてみてはいかがでしょうか。

執筆者:佐藤真奈美より

 はじめまして、当サイトである『投資塾』で記事の執筆を担当させて頂いております、佐藤真奈美と申します。現在、複数の投資関連のメディアサイトに相場予想や投資関連の解説等の記事を寄稿しておりますが、『投資塾』では、株式投資のニュース、経済指標、金融政策等、「市場参加者が、何を見ているか」に重点を置き、株式投資の初心者にも分かりやすいよう、他では知れない情報の提供に努めさせて頂いております。

執筆者:佐藤真奈美について

おススメの証券会社

おすすめの証券会社
投資塾~今から始める株のお話~
タイトルとURLをコピーしました