楽天証券の特徴を解説します

おすすめの証券会社

最近は、証券会社といえばネット証券が主流となっています。しかし、ネット証券も数が多いけれど違いがよくわからず、いざ口座を開設しようと思ったときにどこを選んだらいいのかわからない、という人も少なくないでしょう。
今回は、ネット証券の中でも人気がある楽天証券の特徴についてまとめてみました。楽天証券がなぜ選ばれるのかを知ることで、ネット証券選びの参考になればと思います。

楽天証券は300万口座突破!

証券会社には、店舗を持つ昔ながらの証券会社と、基本的に店舗を持たないインターネット専業の証券会社があります。楽天証券はこの2つのうち、インターネット専業の証券会社に分類されるのですが、そのインターネット専業証券の中でも2番目に口座数が多いのです。
楽天という名前は、聞いたことがある人も多いでしょう。楽天市場を中心とした楽天グループには、様々な分野の事業を行っているのですが、楽天証券はその中の楽天カード株式会社の子会社、という立ち位置にあります。
楽天という大きな企業の知名度もあって有名になった楽天証券ですが、それだけが理由ではありません。様々な分野の事業を持つ楽天グループの証券会社だからこそ、他の証券会社にはない魅力を持っているのです。

楽天証券の魅力①手数料が安い!

株を取引する場合は、証券会社に手数料を支払うことになります。例えば、株を買ってそれを売るときに利益を得るには、買ったときの価格に手数料を上乗せした金額を超える価格で売れなければ、利益とはなりません。そのため、手数料は安いに越したことはありません。
元々、ネット証券の手数料は店舗型の証券会社と比べて、かなり安いという特徴があります。しかしその中でも楽天証券の手数料は、業界最低水準となっているのです。それでは、具体的な手数料がいくらになるのかを見てみましょう。
楽天証券の手数料は、2つのコースに分かれています。1つは「超割コース」といい、1回の取引ごとにその取引金額に応じた手数料が発生するコースです。手数料は、取引金額が5万円までなら税込54円で、それ以降は10万円までは97円、20万円までは113円、50万円までは270円と、徐々に増えていくようになっています。また、かかった手数料の1%がポイントバックされることになります。
この超割コースには、大口優遇というサービスもあります。このサービスには適用条件があるのですが、その条件を満たした場合は1回の取引金額が10万円までであれば、手数料は0円になります。また、それ以上の金額でも、20万円までは108円、50万円までは238円と、通常の超割コースよりも若干安くなります、さらに、手数料のポイントバックも2%に増加します。
大口優遇のサービスを受けるには、1か月の平均残高が5,000万円以上でなければいけません。一度達成すると、その後3か月間は残高が減ってもそのままサービスの恩恵を受けることができます。
もう1つのコースは「いちにち定額コース」といい、1日の合計取引金額に応じて手数料が決まるコースです。このコースの場合、1日の取引金額の合計が10万円までであれば、手数料は0円になります。それ以降は、20万円までは税込206円、30万円までは税込308円、50万円までは税込429円となります。ちなみに、このコースにはポイントバックはありません。
また、デイトレード割引というものがあり、1日の中で同一銘柄を売買した場合は、片道分の約定代金を含めずに計算することができます。例えば、とある銘柄を10万円分買って、その日のうちに売却した場合は、合計約定代金が10万円になるのです。
手数料コースは、営業日ごとに変更することもできます。

楽天証券の魅力②トレーディングツールが優秀

楽天証券では、PC用、Mac用、スマートフォン用、タブレット用と、それぞれ専用のトレーディングツールを用意しています。その使い勝手の良さも、利用者が多い理由でしょう。
PC用トレーディングツールは、1999年に登場して長年使われ続けている「MARKET SPEED」を中心に、さらにその機能をパワーアップした「MARKET SPEEDⅡ」、発注機能に特化した「MARKET SPEED Nano」などがあります。また、Mac用にも専用のMARKET SPEEDが用意されています。
スマートフォン用、タブレット用には高機能トレーディングツールとして「iSPEED」が用意されています。2010年に登場し、利用者の声を基にアップデートを重ねてきたツールで、講座を開設していなくてもレートやチャートのチェックができるため、他社に口座を開設する人も利用しています。別途iPadに最適化したものも用意されています。

楽天証券の魅力③投資スタイルに合う情報が提供される

投資において、情報は非常に重要です。楽天証券では、オリジナルの投資情報メディアである「トウシル」をはじめ、株主優待情報や会社四季報、日本経済新聞社が提供する日系テレコンなど、様々な情報を提供しているので、自分の投資スタイルに合わせて必要な情報をピックアップし、閲覧することができます。

楽天証券の魅力④投資スタイルを選べる幅広い商品

投資をする場合のスタイルとしては、じっくり行う投資やアクティブな投資、または誰かに運用をしてもらうお任せ投資など、様々なものがあります。しかし、株式投資だけでそれらすべての投資スタイルを選ぶことができるかといえば、難しいでしょう。楽天証券には、株式以外にもFXや信用取引、商品先物、投信積立、純金積立、NISA口座など様々な投資商品があり、ロボアドバイザーにお任せで投資ができる「楽ラップ」というのもあります。
楽ラップは、運用コースをロボアドバイザーに診断してもらい、そのコースに従ってプロが運用してくれるので、すべてお任せで資産運用ができます。必要な資金も最低10万円からと、投資は初めてという人でも安心のプランです。

楽天証券の魅力⑤楽天グループだから連携サービスがお得!

楽天といえば、楽天ポイントが有名です。楽天市場だけではなく、楽天の様々なサービスを利用したときや、街中のコンビニや飲食店などでもポイントを貯めることができますが、当然楽天証券のサービスを利用した時も楽天ポイントをもらうことができます。
ポイントを貯めることができるサービスとしては、まず株式取引の超割コースの取引手数料があります。それ以外にも、投信積立を利用する際に楽天カードで決済している場合も貯まります。また、投資信託を保有していると、月末に保有している残高に応じてポイントが付与されます。
家族や友人を紹介した場合も、紹介した側とされた側のそれぞれにポイントがプレゼントされます。それ以外にも、キャンペーンでポイントがもらえることもあるので、ポイントはどんどんと貯まっていくでしょう。
貯まったポイントは、通常通り楽天市場などの楽天サービスでも使うことができますが、JALのマイルに交換することもできます。さらに、ポイントで投資信託を買い付けることもできるのです。ポイントだけでは足りない場合は、現金と合わせて利用することもできます。
また、楽天銀行と口座を提携することで、マネーブリッジというサービスが適用されます。これは、入出金時の手数料無料で簡単に口座間の資金移動が可能となり、さらに普通預金の金利も5倍になるサービスです。楽天証券に口座を開設する場合は、併せて楽天銀行の口座も開設しましょう。

まとめ

証券会社の多くは、あまり身近なものではないと思います。しかし、楽天証券の場合は普段からお買い物をする人が多い楽天市場と同じグループの会社なので、あまり構えることなく口座の開設を申し込めるのではないでしょうか。
楽天のサービスは、色々と使えば使うほど多くのポイントがもらえるので、楽天市場で買い物をする機会が多い人にはお勧めの証券会社です。これから証券口座を開設するという人は、ぜひ参考にしてください。

執筆者:佐藤真奈美より

 はじめまして、当サイトである『投資塾』で記事の執筆を担当させて頂いております、佐藤真奈美と申します。現在、複数の投資関連のメディアサイトに相場予想や投資関連の解説等の記事を寄稿しておりますが、『投資塾』では、株式投資のニュース、経済指標、金融政策等、「市場参加者が、何を見ているか」に重点を置き、株式投資の初心者にも分かりやすいよう、他では知れない情報の提供に努めさせて頂いております。

執筆者:佐藤真奈美について

おススメの証券会社

おすすめの証券会社
投資塾~今から始める株のお話~
タイトルとURLをコピーしました