SBIネオモバイル証券の特徴について解説します

おすすめの証券会社

株式投資に興味があるけれど、資金にするような大金が用意できない、という人は少なくありません。しかし、株式投資は別に、何十万もの資金を用意しなくても投資をすることができるのです。さらに、今回紹介するSBIネオモバイル証券の場合は、そもそも現金がなくても投資ができるという新登場のサービスです。
何故、現金がなくても投資ができるのでしょうか?その特徴や、口座開設の方法なども含めて、紹介していきます。

No.1証券会社と、No.1のポイントサービスが協力

SBIネオモバイル証券は、ネット証券の中でも口座開設数などでNo.1であるSBI証券と、ポイントサービスの中で利用できる店舗数No.1のTポイントとマーケティングをつなぐCCCマーケティングが共同で出資し、誕生した2019年4月設立の新しい証券会社です。
元来、新しく設立された証券会社というのは信頼度が不明なので、顧客集めも大変なことが多いのですが、SBIネオモバイル証券はその名前からSBI証券との関係が分かり、SBI証券のセキュリティやノウハウを引き継いでいるため、新しい証券会社であっても信頼性が高いのです。
商品のラインナップは、国内株式の売買とお任せ資産運用サービスのWealthNaviの2通りです。国内株式は現物取引と国内ETF、REITだけとなっていて、信用取引などはありません。
それでは、SBIネオモバイル証券の魅力について、詳しくみていきましょう。

SBIネオモバイル証券の魅力①Tポイントで投資ができる

投資というと、多額の資金が必要というイメージがあるでしょう。しかも、何らかのポイントを利用できるとしても手数料だけ、という証券会社が多いのですが、SBIネオモバイル証券の場合は現金がなくても、現在所有しているTポイントを使って株を購入することができます。
利用するためには、まず口座開設をしてログインしてから、ID連携によってTポイントの利用手続きをするだけです。通常の買い物に利用するのと同じく、1ポイント当たり1円分として利用できます。また、その決算をした代金については、ポイントではなくきちんと現金で受け取ることができます。
日常のお買い物で貯まっていたTポイントを使って、お小遣いを増やすことができるため、生活費に負担をかけることなく投資が可能です。投資に少し興味がある方や、試しにやってみたい方にはちょうどいいでしょう。

SBIネオモバイル証券の魅力②1株単位での取引ができる

株の取引は、通常であれば100株を1単元として取引されます。1株当たりの株価が1,000円でも、実際に取引する場合はその100倍の数量を1単位として取引するので、10万円が必要となるのです。
しかし、SBIネオモバイル証券のではS株、もしくは単元未満株といって、1株単位で取引することができるのです。1,000円の株は、1,000円あれば取引できるので、少額での投資が可能となります。もちろん、中には数百円、数十円という株もあるので、手持ちのTポイントだけでも飼うことができる株は色々とあるでしょう。
また、本当にそんな安い株があるのかという心配をする人もいるでしょうし、株価が安い銘柄はあまり知らない会社ばかりではないか、という不安を抱く人もいるでしょう。そういった不安を解消するために、SBIネオモバイル証券では500円以下、1,000円以下、3,000円以下という価格帯別に、時価総額上位の東証1部銘柄を紹介しています。500円以下の銘柄でも、みずほフィナンシャルグループやヤフー、アコム、ヤマダ電機などの有名な企業が名前を連ねているので、確認してみると安心できるでしょう。

SBIネオモバイル証券の魅力③取引手数料が一定で分かりやすい

株式取引の際は、1回の注文ごとに手数料がかかるという証券会社が多いので、取引自体は少額でも取引回数が増えてくると手数料が大きな負担となります。しかし、SBIネオモバイル証券では月額サービス利用料として、1カ月間の約定代金に応じて手数料がかかるようになっています。
その価格も、月額の合計約定代金が50万円までであれば税抜200円、50万円を超えて300万円までは1,000円と、とてもシンプルな料金プランになっています。大きな注文をしない限りは基本的に50万円を超えることは無いので、少額取引を中心にする場合は毎月200円で済むということになります。
そして、実は毎月Tポイントが200ポイント付与されることになるので、実質的な取引手数料は0円ということになります。証券会社の中には、単元未満株の取引が可能なところもありますが、そういうところは総じて取引手数料が高くなりがちです。SBIモバイル証券の場合は、実質的に手数料が無料となるケースもあるので、その点はかなりお得といえるでしょう。

SBIモバイル証券の魅力④注文方法が簡単

投資を始めようと考えている人の中には、取引ツールの画面などを見てその複雑さから操作ができるか不安になり、投資を諦めてしまう人もいます。確かに、初めて見た場合は複雑に見えるものも多く、操作に慣れるまでは戸惑ってしまう取引ツールもあるでしょう。
しかし、SBIモバイル証券の注文方法は、利用者が戸惑わないようにとても分かりやすくなっています。操作は、銘柄を選んでパスワードを入力し、注文をタップすれば完了です。銘柄を選ぶと、株価の現在の値や前日比、株主優待の有無や配当利回りなど、知りたい情報が表示されるので間違った銘柄を選択することもないでしょう。
ユーザーがわかりやすく、直感的に操作できることを考えた注文画面なので、初めての操作でも戸惑うことはないでしょう。

SBIネオモバイル証券の口座開設方法

SBIネオモバイル証券は、スマートフォンでの操作を想定しています。そのため、スマートフォンから手続きを完結することができるようになっています。口座開設の手順と、必要になるものを確認しておきましょう。

まずは、メールアドレスを入力していくつかの確認事項にチェックを入れます。確認画面が出るので、問題なければメールアドレスを登録してください。そうすると、登録したアドレスにメールが届くので、メールが届いてから30分以内にメールの本文中にある、「口座開設申込」というURLを開いて、基本情報の入力画面へと進んでください。

基本情報は、氏名や住所、生年月日などを入力します。入力が終わったら、「次へ」をタップしてください。すると、源泉徴収区分という選択が出てくるので、特別な理由がなければ「ネオモバに任せる」を選んでおきましょう。
続いて、投資情報として口座開設の動機や投資の経験などを質問する画面が出てきます。それを選び終わると、約款や取引ルールが表示されるので、内容をよく読んで問題がなければ同意にチェックを入れて「確認画面へ」をタップします。
これで、入力事項は完了となるので、内容を確認して問題がなければ登録完了です。しかし、まだ取引はできないので、メールで届いたユーザーネームとログインパスワードを使ってログインしてください。

ログイン後は、本人確認書類のアップロードを行います。本人確認書類は顔写真のついた運転免許証か、顔写真がない保険証や印鑑登録証明書などが必要となり、別途マイナンバーカードかマイナンバー通知カードなども必要となります。必要な書類をカメラで撮影し、アップロードしたら完了です。
続いては、出金する際の出金先となる口座を登録します。その後、配当金の受け取り方法や勤務先情報を入力し、完了です。数日後に、手元へと口座開設が完了したというはがきが、簡易書留で届くでしょう。中には、取引パスワードが記載されているので、必ず内容を確認してください。
クレジットカードの登録も必須となるので、はがきが届いたら再度ログインしてクレジットカード情報を登録しましょう。クレジットカードを登録してから、取引ができるようになるまでは15分ほどかかるので、手続きが完了するまで待ち、さっそく取引をしてみましょう。

SBIネオモバイル証券の口座開設は、このような手順で行われます。申し込みの際は、身分証明書やマイナンバー確認書類、口座情報やクレジットカードなど、必要なものをそろえてから行いましょう。

まとめ

Tポイントを使って手軽に投資ができるSBIネオモバイル証券は、投資が初めての人でも少額で投資ができる、多くの人にお勧めの証券会社です。ほとんどスマートフォンだけで操作することができるので、少し時間があるときはすぐに投資することができます。投資に興味はあるけれど、少し怖いと思っている人は、まず手持ちのTポイントを使ってSBIネオモバイル証券から始めてみてはいかがでしょうか?

執筆者:佐藤真奈美より

 はじめまして、当サイトである『投資塾』で記事の執筆を担当させて頂いております、佐藤真奈美と申します。現在、複数の投資関連のメディアサイトに相場予想や投資関連の解説等の記事を寄稿しておりますが、『投資塾』では、株式投資のニュース、経済指標、金融政策等、「市場参加者が、何を見ているか」に重点を置き、株式投資の初心者にも分かりやすいよう、他では知れない情報の提供に努めさせて頂いております。

執筆者:佐藤真奈美について

おススメの証券会社

おすすめの証券会社
投資塾~今から始める株のお話~
タイトルとURLをコピーしました