GMOクリック証券 まとめ

株式投資の基本

これから投資を始めようと思っても、証券会社が沢山あってどこを選んだらいいのか分からない、という人もいるでしょう。そういう人の参考になるように、今回はおすすめの証券会社としてGMOクリック証券についてまとめてみました。

人気のあるGMOクリック証券には、どのような特徴があるのでしょうか?

GMOクリック証券とは?

GMOクリック証券は、インターネット関連事業を行うGMOインターネット株式会社の孫会社として2005年に設立されたインターネット証券会社で、株式取引やFX、先物取引、eワラント、保険、CFDなどを取り扱っています。特徴としては手数料が安いことで、参入するすべての分野において価格破壊ともいえる破格の手数料で取引を行っています。

特にFXの分野では人気が高く、かつてはFX主要会社の中でも月間取引高の部門で5年連続No.1でした。今でこそ他社に1位の座を譲ることも多くなりましたが、それでも2位から3位になっているため、人気が衰えたということもありません。

株式投資やFX以外にも、取引所外国為替証拠金取引のくりっく365をはじめ、株や投資信託、CFD、バイナリーオプション、貸付型クラウドファンディングと多岐に渡る様々な金融商品を取り扱っています。

GMOクリック証券の魅力①業界屈指の格安なコスト

GMOクリック証券といえば、手酢量の安さが最大の魅力です。現物株式の1約定ごとの手数料は、約定代金が10万円以下であれば税込95円、20万円以下であれば105円、50万円以下なら260円、100万円以下なら470円と、業界でも屈指の安さです。

1日の合計約定代金によって手数料を支払う定額プランでも、20万円以下であれば税込230円、30万円以下なら300円、50万円以下なら430円、100万円以下なら860円と、他社と比較しても同等以上の安さを誇っています。

信用取引の場合、1日定額プランであれば合計約定代金が10万円以下の場合は0円であり、それ以上でも50万円以下なら216円、100万円以下なら432円と、かなり低い水準となっています。

FXの実質的な手数料となるスプレッドも、米ドル/円で0.3銭。ユーロ/円で0.5銭、豪ドル/円で0.7銭と、業界最狭水準のスプレッドです。原則固定なので、安定したスプレッドでの取引ができます。

GMOクリック証券の魅力②取引ツールが豊富

取引の際に使う取引ツールは、証券会社から提供される物を利用するのが一般的です。GMOクリック証券では、機能が異なる様々なツールを提供しているので、どんなシチュエーションでも使いやすいでしょう。

PC用の高機能取引ツールである「スーパーはっちゅう君」は、シンプレクス社が提供しているSPRINTを進化させたもので、株式投資と先物取引、オプション取引に対応しています。すべての板情報をリアルタイムで表示できるフル板に対応していて、ダブルクリックするだけで発注することも可能です。信用取引をシンプルかつスピーディーに注文できる、信用スピード注文にも対応していて、画面上には株価や出来高等の情報もコンパクトにまとめられて表示されています。多くのマーケット情報も表示でき、チャートも全30種類のテクニカルチャートと描画ツールによって、自分だけの見やすいチャートを作成することができるでしょう。今ある機能だけでもかなりのものですが、さらに進化を遂げるための準備も進められているので、今後ますます高機能になっていくでしょう。

高機能な取引ツールよりも、省スペースでシンプルな取引ツールを希望する人には、「はっちゅう君」が用意されています。注文機能に特化した常駐型のアプリケーションで、普段はタスクトレイに格納しておくことができ、必要な時はすぐに展開できます。注文ウインドウも複数起動することができ、スーパーはっちゅう君と同じく株式投資や先物取引、オプション取引に対応しています。

Webブラウザから利用できる、インストール不要の取引ツールとしては、「LASER TRADE」が用意されています。リアルタイムの板やチャートから、スピーディーな発注が可能であり、スピードと使いやすさ、起動の速さを重視しているので、発注のタイミングを逃しません。日経225先物専用の取引ツールとして、別途「LASER TRADE225」も用意されています。

FX用の取引ツールとしては、次世代FX取引ツールとして「はっちゅう君FXプラス」を提供しています。レートからワンクリックでの注文が可能なスピード注文や、チャートからのスピード注文を備えていて、チャート画面も人気のテクニカル指標を搭載しているので自分が知りたい情報を分析することができます。画面のレイアウトは自由に変更でき、さらに約定スピードが従来比6倍と言われている、アクティブトレーダー仕様のExモードも搭載しています。

また、FXのチャートをもっと詳しく見たい方のために、高品位の無料テクニカルチャートとして「Platinumチャートプラス」も提供しています。38種類ものテクニカル指標を搭載しているので、様々な角度からチャートを分析することができます。

それ以外にも、くりっく365専用の「はっちゅう君365」や、CFD専用の「はっちゅう君CFD」並びに「PlatinumチャートCFD」なども用意されています。スマートフォン向けの取引ツールも充実しているので、取引したい投資商品に特化したツールを利用して快適な取引ができるでしょう。

GMOクリック証券の魅力③顧客のためのシステム開発

GMOクリック証券では、顧客の声を聞いて常により良いシステムやサービスの開発に注力しています。より使いやすく、より安いコストでの取引を可能とするにはどうしたらいいのかを考えている会社なので、利用していくにつれてどんどんと使い勝手が良くなっていくでしょう。

GMOクリック証券の魅力④充実したサポート体制

GMOクリック証券のサポート体制は非常に高い評価を受けていて、第三者評価としてHDI-Japan(ヘルプデスク協会)が主催する問い合わせ窓口格付けの証券業界部門で最高評価の三ツ星を獲得しています。

また、実際に寄せられた要望から取引ツールを改善したり、ホームページの仕様を改善したり、提携金融機関を増やしたりと、要望には可能な限り応えようと努力しているようです。現在ある不満も、直接訴えると改善の兆しが見えるのかも知れません。公式コミュニティにて、顧客の実際の取引で順位を争うトレード大会や、1日の取引結果を画像で保存できるトレード日記など独自のサービスを行っています。

FXやCFDのデモ口座も用意されているので、取引が未経験という人はまずデモ口座で練習してみるのもいいでしょう。

GMOクリック証券で口座を開設するには

口座開設をするには、ホームページから申し込むことができます。証券取引口座の申し込みをする際に、FX取引口座やCFD取引口座、外為オプション取引口座も一緒に申し込むことができます。また、グループ会社であり様々な優遇措置が受けられる、GMOあおぞらネット銀行の口座も同時に開設を申し込むことが可能です。

申し込みの際は、本人確認書類とマイナンバー確認書類が必要です。書類は郵送でも提出できますが、web上でのアップロードならスピーディーに提出できて簡単なので、おすすめです。最短で4営業日後には取引を開始できます。

まとめ

GMOクリック証券は、FXで特に有名ですがそれ以外にも様々な投資商品を扱っている大手のインターネット専業証券会社です。多くの魅力があるGMOクリック証券は、初心者でも安心して利用できる充実したサポート体制も備えています。

手数料も安く、デモ口座なども利用できるので投資の練習をするにも最適です。証券会社選びに悩んだときは、とりあえず選んでおいて間違いがないといえる証券会社でしょう。

執筆者:佐藤真奈美より

 はじめまして、当サイトである『投資塾』で記事の執筆を担当させて頂いております、佐藤真奈美と申します。現在、複数の投資関連のメディアサイトに相場予想や投資関連の解説等の記事を寄稿しておりますが、『投資塾』では、株式投資のニュース、経済指標、金融政策等、「市場参加者が、何を見ているか」に重点を置き、株式投資の初心者にも分かりやすいよう、他では知れない情報の提供に努めさせて頂いております。

執筆者:佐藤真奈美について

おススメの証券会社

株式投資の基本
投資塾~今から始める株のお話~
タイトルとURLをコピーしました