商いは買い手がいるうちにやれ

< Back

読み
あきないはかいてがいるうちにやれ
意味
投資における格言の1つ。相場が天井を付けると出来高は急激に減少していくため、欲を出して利益確定を先延ばしにしていると、売りたくても買い手がいないという状況に陥り、チャンスロスに繋がってしまうため、買い手がいるうちにしっかりと利益を確定させておいた方がいいという意味の格言である。「商いは陽の暮れるまでにやれ」とも言われる。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

Previous 商い
Next 安定配当

執筆者:佐藤真奈美より

 はじめまして、当サイトである『投資塾』で記事の執筆を担当させて頂いております、佐藤真奈美と申します。現在、複数の投資関連のメディアサイトに相場予想や投資関連の解説等の記事を寄稿しておりますが、『投資塾』では、株式投資のニュース、経済指標、金融政策等、「市場参加者が、何を見ているか」に重点を置き、株式投資の初心者にも分かりやすいよう、他では知れない情報の提供に努めさせて頂いております。

執筆者:佐藤真奈美について

おススメの証券会社

投資塾~今から始める株のお話~
タイトルとURLをコピーしました