第三者割当増資

< Back

読み
だいさんしゃわりあてぞうし
意味
株主であるかを問わず、特定の第三者に新株引受権を与える第三者割当によって増資を行うことをいう。通常、取引先や取引金融機関、自社の役職員などの縁故者にこの権利を与えて発行することが多いことから、「縁故募集」とも呼ばれる。業務提携の相手先、取引先との関係安定化を図るとき、経営の悪化により通常の増資ができないときなどに多く使用される手法である。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

Previous 立会外取引
Next 貸借倍率

執筆者:佐藤真奈美より

 はじめまして、当サイトである『投資塾』で記事の執筆を担当させて頂いております、佐藤真奈美と申します。現在、複数の投資関連のメディアサイトに相場予想や投資関連の解説等の記事を寄稿しておりますが、『投資塾』では、株式投資のニュース、経済指標、金融政策等、「市場参加者が、何を見ているか」に重点を置き、株式投資の初心者にも分かりやすいよう、他では知れない情報の提供に努めさせて頂いております。

執筆者:佐藤真奈美について

おススメの証券会社

投資塾~今から始める株のお話~
タイトルとURLをコピーしました