逆日歩

< Back

読み
ぎゃくひぶ
意味
信用取引の売り方が負担する、事前に想定できないコストのことをいう。信用売り残高が信用買い残高を上回り、株式の貸し方である証券金融会社が、貸し出せる株の不足を補うために、機関投資家などから株を借りる際の調達費用として発生する。貸株料とは別に必要となる手数料であり、株(品)を借りるための費用であることから、「品貸料」とも呼ばれる。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

Previous 逆指値注文

執筆者:佐藤真奈美より

 はじめまして、当サイトである『投資塾』で記事の執筆を担当させて頂いております、佐藤真奈美と申します。現在、複数の投資関連のメディアサイトに相場予想や投資関連の解説等の記事を寄稿しておりますが、『投資塾』では、株式投資のニュース、経済指標、金融政策等、「市場参加者が、何を見ているか」に重点を置き、株式投資の初心者にも分かりやすいよう、他では知れない情報の提供に努めさせて頂いております。

執筆者:佐藤真奈美について

おススメの証券会社

投資塾~今から始める株のお話~
タイトルとURLをコピーしました